【体験談】ブライダルフェアに行ってきた@アーヴェリール迎賓館

Wedding ブライダルフェア

婚約したら、どこの結婚式場であげようかなぁーってなりますよね。

某サイトによると、ブライダルフェアの見学は
大体2~3軒なんだそう。 中には1軒目で運命の式場に出逢い、
決めてしまう人もいるみたい。
しかーし。
困ったことに私はとっても優柔不断の正確なのです。
もちろん当日成約特典とかあるので・・
ある程度目星を付けてから行く方がいいのかなぁ・・
と悩んだりもしましたが!! 一生に一回の結婚式だから、
絶対に後悔したくなくて!!

どうせだったら気になる式場のブライダルフェア全てに参加して
「ここだ!」というところに決めようと思って
毎週末ダーリンとブライダルフェア巡りすることに決めました。
(正直しんどい。笑)

いろんなブライダルフェアを回るから、どこの式場がどんな感じだったか
忘れちゃいそう・・・・・(汗)
ちゃんとブログに書き残しておきます。

今回は、八事にある『アーヴェリール迎賓館』の紹介です。

交通アクセス

地下鉄名城線「八事」駅から徒歩3分。
ただ、駅から式場までの道のりが結構坂なので、
ヒール女子やご高齢の方にはちょっと辛いかも・・
駐車場完備!14台まで無料で駐車できます。
タクシーチケットも出してもらえます。

Welcome to アーヴェリール迎賓館!!!!!

八事の大通りから1本中に入ると車通りがほぼなく、静かな場所にある結婚式場です。
アーヴェリール迎賓館は、ゲストハウス型の結婚式場なので、
貸切の結婚式が行なえますw
貸切の結婚式場の良いところは、スタッフの方も自分たちだけのために動いてくれている人ばかりということ!
アーヴェリール迎賓館は、派遣スタッフを使用していないそうで、社員の方もアルバイトの方も皆さん気心知れた仲のいいスタッフばかりだとのこと。
チームワークがいいってことですねw
安心できそう!

アーヴェリール迎賓館はなんと!!
プールのある!ガーデンがある!!結婚式場なのです!!
かーわーいーいーwww

門をくぐると可愛らしいゲストハウスのお目見えです。

打ち合わせすたーと!!

アーヴェリール迎賓館の打ち合わせルームは、裏の外階段をのぼり2階にありました。
可愛らしい打ち合わせルームw キュンッ
こうゆう感じすきです~w

コーヒーや紅茶、ジュースなど好きなものを出してくれます。
最初にどんな結婚式が希望なのかアンケートにこたえて。
少ししたらプランナーさんがやってきて、
アンケートをもとにご相談タイム。
支配人さんが自分たちに合っていそうなプランナーさんを
チョイスしてくれるそうですよ~
今回は元気で笑顔の素敵な男性のプランナーさんでした!

アーヴェリール迎賓館 ~披露宴会場~

アーヴェリール迎賓館の披露宴会場には、階段がありました~w
階段上(2階部分)が広い!!
しかもめっちゃ!!!
今まで7軒ほどブライダルフェアに参加してきましたが、1番広い階段ですねw
そして、階段幅ももちろん広いです。
新郎が左斜め前を歩いて、エスコート風ではなく、しっかりとエスコートしてもらいながら、 階段を降りることができます。

2階部分も階段幅も、全国展開しているテイクアンドギヴ・ニーズグループ(アーヴェリール迎賓館の会社)が、今までの挙式を挙げてきた方々からアンケートで頂いた声を反映し、 ドレスが一番キレイに見えるよう計算して設計されているそう。

披露宴会場全体はこんな感じ!!

天井がとても高く、開放感がある会場です。
白基調となっており、新郎新婦のどんなイメージにでも合わせて
会場作りができるようにしてあるんですって。

ここの会場は、80名くらいでも余裕で入れそうです。
それより60名、70名だと余裕を持った席配置ができ、ゆったりとした会場になりよさそう。
この日はクリスマス付近だったこともあり、テーマは「クリスマス」だそうです。 可愛らしいですねw

ガーデン側の窓は、全面オープンできる窓になってたので、これまた開放感が
あっていい感じ。

プール付きのガーデンが見えて、可愛いです。
ここからの登場もできますねw

今回の高砂席は、ソファーで作ってありました。
かわいーw
いま流行りのスタイルですねw

グランドピアノがおいてあり、ピアノの生演奏してくださるそうですよw

アーヴェリール迎賓館 ~プール付きガーデン~

ガーデンはこんな感じ。
ガーデンの飾り付けも自由にしてOK!だそうですw
「LOVE」とか他の文字のライトで光る置物とか、貸し出ししてくれる
そうです。 ぜひ置きたい~!

アーヴェリール迎賓館 ~試食~

披露宴会場の見学を終え、打ち合わせルームに戻ると、
試食の準備がされていました。
テーブルウェアかわいいーw

前菜からオマール海老とキャビアがでてきましたw
当日もこのような前菜からお料理がはじまったら
テンション上がるぅぅ~ww

もちろん、とっても美味しかったです。
さっぱりしたジュレと、オマール海老のプリッとした歯ごたえが
絡み合ったハーモニー。最高です。

続いて牛肉とかぼちゃのスープ。
和牛ではなく、確かオージービーフだったはず。。
(ごめんなさい、記憶が曖昧で・・。和牛じゃないのは確かです)
和牛じゃなくても調理法で十分美味しくできるから、というシェフの考え
だそうです。
うーん。色んなブライダルフェアを巡って来ましたが、
やはり和牛のほうが美味しいです・・。

かぼちゃのスープは、素材の持つ味、甘さが上手に引き出されており、とても美味しかった!

お肉の素材は残念でしたが、シェフの腕は確かだと思います。
前菜やスープ、お肉のソース、野菜の炒め方などとても上手でした。
アーヴェリール迎賓館では、お料理について「○○したい」などという
相談にのっていただけるとのことでしたので、実際に式をあげるのであれば
相談してみようと思います。

わたしも彼も、せっかくゲストに来ていただくのだから、
料理にはこだわりたいと思っています。
アーヴェリール迎賓館のお料理は、相談にのってくれると言ってくれたので、GOODでした!

アーヴェリール迎賓館 ~チャペル~

チャペルの扉が珍しく横開きの引き戸だったのが残念。。
重厚感のある開閉式の扉が良かったなぁ・・

気を取り直して!
出入り口のところには、ミニハープがw
素敵な音色を奏でてくれそうです。

アーヴェリール迎賓館のチャペルは、グリーン!グリーン!!グリーン!!!笑
はい、どーーーーーん!!!

生花のグリーン?と思っていたら、造花のグリーンでした。笑
壁とガラスの間に、造花のグリーンがたーくさん埋め尽くされていました。
なんとも言えない。笑

ゲストが座る椅子は、斜めに設置して、どこの席にいても見やすいように
工夫することも可能とのことでした。

チャペル内がグリーンだからといって、
森林のような香りが・・w
するわけでもなく。笑
無臭でした。

アーヴェリール迎賓館のチャペルでは、ハープを演奏してくれるそうです。
人前式とキリスト教会式のどちらかを選べるとのこと。
十字架は取外し可能なので、人前式の際には取り外しますよ~とのことでした。

アーヴェリール迎賓館 ~ゲスト用の控室~

友人や会社の方々は会場入って右側、チャペル手前のスペースでお待ちいただくみたいです。
あまり奥の方まで見に行けなかったのですが、
ゆったり座れるソファーとかあるのかなぁ・・・

ゲストの入口付近は、たくさん飾り付けをするスペースがありました。
可愛くしたーい!!

天井が高く、開放感があるので狭くは感じません。

アーヴェリール迎賓館 ~親族用の控室~

親族用の控室は会場入って左側に、一般ゲストとは別に設けられていました。
新郎側・新婦側と各1部屋ずつありました。
ちょっとしたことですが、こちらのお部屋にお手洗いも設置してあり、
スタッフも専任で付いてくれるみたいなので、挙式が始まるまで、
一般ゲストと親族が出くわすなんてことはないよう、設計されていました。

また挙式当日は、親に秘書のようなスタッフがついてくれるそうで、
手取り足取りサポートしてくれるそうです。笑
そのような対応をしてくれると言ってくれた式場は、ここだけでした。
些細なことですが、新郎新婦側からしたら、そのようなスタッフがついてくれていると、なんだか安心できていいなと思いました。

アーヴェリール迎賓館 ~いいなと思ったところ~

「貸切ウェディング」ってとこがいい!

一軒家ウェディング会場ということで、こじんまりとした式場です。
なので、迷うことがありません。
かつ、自分たちの挙式に来てくれた方しかいない ってとこがいい!!

バリアフリーになっている

足腰弱い高齢の方にも優しい設計で、きちんとバリアフリーになっているみたいなので安心ですよ!!

ガーデン付きのウェディング会場!!

ガーデンが式場の真ん中に設置されているので、どこからでも行き来できる。
だから、好きなタイミングでガーデンを使えるよう、プランニングできる!
たとえば挙式後にチャペルでちょっとしたイベント、披露宴中にガーデンに出るイベントなどガーデンを使った演出をしたい人には最高っ!!

天井が高い、階段付きの開放感がある披露宴会場!

天井が高く開放感がある会場だし、階段入場も、ガーデン側からの入場もでき、
演出方法が色々できそうなのがGOOD!!

装花が定額制!!

メインテーブル装花や、ゲストテーブルの装花がなんと!!
アーヴェリール迎賓館は定額制なので安心なのです!!
お花ってこだわるとドンドン高くなっちゃいそうで、不安要素たっぷりですが、
定額制と言われると安心w
専任のフラワーコーディネーターさんがいて、挙式当日に1番ベストな状態のお花たちを飾れるように、管理してくれるんだそう。
 
卒花さんの事例で、冬にどうしても桜を飾りたい!という方がいたそう。
式の1週間前に、ちょー硬そうな芽のついた桜を仕入れて、式当日までに
徹底した温度管理で桜を満開にして、飾ったこともあるんですって!
お見事!!!
こうゆうお話しを教えてもらえると、安心して任せれますねw

会場のイメージをイラストにして、見せてもらえる!!

打ち合わせをしていても、自分のイメージしているものとプランナーさんがイメージしているものがあってるかな?ときっと不安になっちゃいますよね。
でもアーヴェリール迎賓館なら大丈夫。
テーブルクロスや装花など打ち合わせをした内容を「こんなイメージであっていますか?」と、イラストにして具現化して見せてくれるんです。
イラストに書いてくれたものがイメージと違っていたら、ここはこうしたい、もっと〇〇な方がいいなどと、意見のすり合わせがしやすいですよね。

実際に卒花さんのイラストと実現された写真を見せてもらいましたが、忠実に再現されていました!
ブライダルフェア巡りをしてきた中でこのような対応をしてくれる式場は、アーヴェリール迎賓館だけ!
ハナユメカウンターのプランナーさんにも聞いてみましたが、このような対応があるのは、テイクアンドギヴ・ニーズグループ(アーヴェリール迎賓館の会社)だけとのこと。

頭の中でイメージでしているだけでは、なかなか現実味がないというか、
全体像が見えづらいと思うから、このサービスとってもいいと思います!

プランニングがオリジナリティに溢れてる!

アーヴェリール迎賓館で対応してくれたプランナーさんが、とても素敵でした!
「結婚式場はたくさんの結婚式をあげる場所だけど、あげる人が違うんだから
同じ式なんてひとつもない。おふたりのことをたくさん教えてもらって、
おふたりらしい、オリジナリティのある式を一緒に作りましょう」と言ってくれました。
 
他の式場のプランナーさんは、「こんな重厚な・高価なインテリアを飾っています」など 式場の紹介が多かったイメージ。
「挙式が終わったら外に出るときにフラワーシャワーをしてブーケトスします」とか、「披露宴中はキャンドルサービスして回ったり、テーブルラウンドでゲストのみんなと写真を撮って回れます」など、ありきたりな紹介ばかり。
そうだよね、そうだよねと想像内のことを教えてくれる。
わたしもそれなりに結婚式参加してきてるから、どれも見たことのある演出の紹介ばかり。

でもアーヴェリール迎賓館のプランナーさんは違ったんです。
限られた時間を最大限に有効的に使って、写真もたくさん撮りましょう。
例えば、「挙式後ゲストが披露宴会場に移動している時間にチャペルに戻ってきて、 ちゃちゃっとチャペルでの写真撮っちゃいましょう!わざわざ前撮りしに式場に来て、 衣装を着て・・なんて時間もったいないですからね、当日に撮っちゃえばいいんですよ」

「当日1時間早く会場に来て、準備をして、両親にも早く来てもらう。
そして、両親にチャペルに入ってもらい、両親とファーストミート。
バージンロードの意味を綴った手紙を新婦の母に渡す。
実際にバージンロードを歩く時にバージンロードの意味をわかった上で歩くのか、知らずに歩くのでは 全然違いますからね」

「新郎両親には、恥ずかしくて口では言えない今までの感謝の気持ちを綴った手紙を渡し、読んでもらいます。」
もう朝のスタートする前から涙うるうる演出です。
素敵じゃないですか?

一生の思い出に残る、世界でひとつだけの「エンドロールムービー」

エンドロールムービーについても、いくつか見せてもらいましたが、
全く内容が違うんです。ふたりのオリジナリティ溢れるムービーで、
今まで見たことのないエンドロールムービーでした。
エンドロールムービーも、おふたりらしいムービーを制作スタッフと打ち合わせして 作ってくれるとのこと。
「よくあるエンドロールムービーって、実はフォーマットがあって、そこに当日撮った写真や 動画をあてはめて作っているんです。
だけど、式をあげる人が違えば式の内容も雰囲気も全く違う。
なのにエンドロールムービーはみんな一緒だなんておかしいですよね」と。
「だからアーヴェリール迎賓館では、おふたりらしさが十二分に伝わるような、世界でひとつだけの 一生の思い出に残るようなエンドロールムービーを全力で作ります!」と。

まとめ

まず、ブライダルフェア巡り8軒目でしたが、このプランナーさんに出逢えて本当に良かった。
一生に一度の結婚式。
大聖堂の、ステンドグラスのあるチャペルで式をあげたい!
などの場所も大事ですが、結婚式って、プランナーさんと式場のスタッフの方たちと 打ち合わせを重ねて、「人」と「人」とでつくりあげるもの
一生の思い出に残るような「結婚式」は、場所よりも「内容」が大事なのではないでしょうか。
プロのカメラマンの手にかかれば、どんな場所でも素敵に見えます。
だって、どこの式場だってそれなりに素敵なんですから。
それが大前提なのです。

「どこで」よりも「だれと」結婚式をつくるのか
ということの大事さに気付かされました。

結婚式に来てくれた友人や親戚と後日会った時に、「本当にいい式だった」と言われる結婚式、したいですよね!
何年か経ってふと結婚式のことを思い出した時に、自分たちも「いい結婚式だった」って思える式がいいですよね。
そんな式を一緒につくりましょう。とプランナーさんに言われました。
ブライダルフェア巡りをしてきて、はじめて言われました。
彼もわたしも、「このプランナーさんと一緒に結婚式を作りたい」「このプランナーさんがいるから、アーヴェリール迎賓館で結婚式をしたい」と思いました。

オリジナリティ溢れる式がしたい!
料理にこだわりたい!!
階段付きの披露宴会場がいい!
プール付きガーデンがある式場がいい!
貸切の結婚式がしたい!

という方はぜひ、ブライダルフェアに行ってみてはいかがでしょうか。

公式 アーヴェリール迎賓館